ヘアープロデュース ホットウォーター NUKUの日記です!

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  カラー
tag : 
また雪が降るみたいですよ~!

みなさん体調には気をつけてくださいね。

どうもNUKUです!










昨日ちょっとまたNUKUの遊び道具を試してみました~!

そのオモチャは


カラートリートメント


昔けっこう流行りましたね

今回のはかなりよく入ります!

昨日試してみたので納得です。

今日はちょっと眼精疲労のためまた明日にでも

詳しくご紹介させていただきます。


さて何で眼精疲労なんかに・・・







それではみなさんごきげんよう(^0^)/



福岡県北九州市小倉北区砂津2-13-19
ヘアープロデュース・ホットウォーター

Hair Produce HOT WATER
093-521-6170
北九州の理容室・美容室
ダブルウォーターカラー・レディースシェービング・スキャルプクレンジング・ヘナ・パーマ・ストカラー

スポンサーサイト
Category :  カラー
tag : 
海賊王にはなれそうにないので

「俺は鈴蘭の番長になる!!!」

どうもNUKUです!





本日はカラーリングの知識をまたUPさせていただきます

興味のない方はまたまたスルーでw

今回は


中性染毛剤


というカラー剤について

永久染毛剤の良い部分を取ったカラーリング方法だそうです!

明度もそこそこ上げられて

化学変化も最小限に抑えてダメージ度を下げたタイプ!

良いとこどりのような感じがしますが

その分どっちつかずの印象もあり

対応が制限される感があります。

まあ中途半端というところでしょうね。

なのでなかなか使ってるサロンも少ないみたいです!




ちょっと簡単な説明になりましたが

今日はこの辺でw






それではみなさんごきげんよう(^0^)/



Category :  カラー
tag : 
順光苑に行ってみた~~~~い!

焼肉食べた~~~~~い!

どうもNUKUです!








はいこんにちは~!

今日はですね

久々に真面目記事ですw

最近はちょっとお笑いだったので!


今回はカラーの種類の続きです

興味のない方はスルーしてくださいね。


今回説明させていただくのは


毛髪着色料


どういったものかといいますと

一時的に毛髪の表面のみを着色するものを


毛髪着色料


一時染毛料


テンポラリーカラー



などと言います!

わかりやすい物で例えると


カラースプレー


カラームース


カラースティック



などと呼ばれているもの達です。

最近ではあまり販売されていませんね!


スプレータイプ、マスカラタイプ、スティックタイプ

クリームタイプ等様々な形態の製品が販売されてますが

染着メカニズムは毛髪表面に

カーボンブラック

黄酸化鉄

ベンガラ等という

無機顔料や法定色素を着色剤として配合されて

樹脂や油脂等の付着剤を使って

一時的に毛髪表面に着色させるというものです!



わかりやすくいいますと

一時的に色をつけて

一回のシャンプーで完全に洗い流す事ができるものです。


一時染毛料っていう分類になります。



パーティーやお祭りの時などに便利なアイテムですね!

あとスティックタイプのものであればちょっとした

お出かけの白髪隠しに便利です。



欲しい時はご来店下さい!






それではみなさんごきげんよう(^0^)/





Category :  カラー
tag : 
今日は絶好の花見日和ですね~!

どうもNUKUです!







今日はまたまたカラーネタを!

仕事の知識なので

興味のない方はまたまたスルーしてくださいw





新規染毛料


2001年の化粧品規制緩和により

化粧品への配合が可能となった

塩基性染料



HC染料等

を配合した染毛料をここでは新規染毛料と呼ぶそうです。

市場ではこの新規染毛料のことを

「塩基性カラー」

などと言うような事が多いようです。

業界でもHC染料って言葉はよく聞くと思います。


「塩基性染料」の特徴は分子径が大きく

分子構造内にプラスの電荷を持ち

毛髪表面のケラチンタンパクのマイナス部分と

イオン結合することです。

従って塩基性染料はマイナス部分の多い

ダメージ毛には染料が吸着しやすく

濃く染まり

ムラになることがあります。

「HC染料」はプラスやマイナスの電荷を持っていないので

イオン結合は出来ませんが

分子径が小さいためキューティクルの隙間から

毛髪の内部まで浸透することができるので

分子間力によって染着できます!

これらの染料は

色持ちは3週間程度ってところが短所ですが

肌に染まりにくいと言う長所があります。

また酸性染毛料では難しかったカチオン性界面活性剤との

相性が良いため

高いトリートメント性を持たせた

カラートリートメント

としての製品化が可能だそうです。





カラーの種類もあと少しなので

頑張ってカラーネタまた書きますw





でも花見に行きたいな~w

それではみなさんごきげんよう(^0^)/




Category :  カラー
tag : 
昨日久々にご来店のお客様が!

小倉の有名なTすしさんの息子

T君が約1年ぶりのご来店!

NUKUはテンション上がりまくりでしたw

ご来店ありがとうございました。

これからも鬼店長ことNUKUをよろしくお願いしますw


どうもNUKUです!






今日はまたまたカラーネタで行きます!

以前書いたかなと思っていましたが

書いてなかったので今日はこれを


脱色剤・脱染剤


長いので興味のないかたはスルーしてください。



脱色剤と脱染剤っていうのは

用途と期待する効果によって配合される成分に

多少の違いはありますが

基本的には同じものと言えると思います。

脱色剤って市販でも売ってるブリーチ剤っていうやつですね。

以前書いた酸化染毛剤から酸化染料を除いたような組成となってます。

わかりやすくいうと色素を抜いたものです!

2剤式が一般的によく使用されています。

第1剤には、アンモニア水、モノエタノールアミン等の

アルカリ剤を配合したもの(液状およびクリーム状タイプが多い)

市販でよく売ってる奴です

あと過硫酸アンモニウム等の酸化助剤、ケイ酸ナトリウム等の

アルカリ剤を配合したもの(粉末タイプが多い)があります。

これはサロンでよく使うタイプです。

第2剤には、過酸化水素水等の酸化剤が配合されます。

毛髪が脱色される原理は

酸化染毛剤のとこで説明したと思うんですが

アルカリ剤で活性化された

過酸化水素がメラニン色素を酸化分解して

その量が少なくなるため毛髪の色は明るくなります。

脱染剤も、2剤式が一般的に使用されています。

過硫酸アンモニウム等の酸化助剤

ケイ酸ナトリウム等のアルカリ剤を配合した

第1剤(粉末タイプが多い)と過酸化水素水等の

酸化剤を配合した第2剤(液状タイプが多い)で構成されてます。

ヘアカラーリングで必要以上に

暗く染まったりあるいは

希望の色と異なる色に染まった場合に使うことがあります。

アルカリ活性化された過酸化水素が

酸化染料が酸化重合して出来た色素を

酸化脱色し染毛した色を薄くします。

どちらの薬剤も酸化染料を配合していないため

酸化染料によるアレルギー作用はありませんので

パッチテストも不要みたいです!

なのですが過硫酸塩に対してアレルギーを

起こす人もいるので注意が必要です。

先にも書きましたが

脱色剤・脱染剤は違いはありますが

効果的には作用は一緒といえますね!






それではみなさんごきげんよう(^0^)/







これおもしろそうです



ホ~~~アチャ~~~~~~!



カウンター

プロフィール

NUKU

Author:NUKU
ホットウォーターNUKUのブログへようこそ!

FINE(元気)をコンセプトに
Hair Produce HOT WATER
の向上のために頑張ってます。
NUKUをよろしくデス!
このブログについて(2009.6.18blog)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
StyleKeeper

DigitalClock

検索フォーム

Flashカレンダー

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。